『小学館BOOK』1974年3月号掲載「山おく村の怪事件」

山おく村の怪事件の高伊山
⇒高井山ではなく高伊山、読みは「たかいさん


タカイサンノヤマオクムラ

⇒アニメでも「タカイサン」



『小学三年生』1979年7月号掲載「恐竜が出た!?」

恐竜が出た!?の高井山
⇒この作品以降は高井山。ここでの読みは「たかいやま」。

⇒ちなみにアニメだと、「恐竜が出た!?(前)」では「たかいん」、「恐竜が出た!?(後)」ではなぜか「たかいん」に。「たかいん」読みは漫画のほうでもっぺん登場する。



『小学二年生』1982年4月号掲載「乗りものぐつでドライブ」

乗りものぐつの高井山
⇒たかいん。漫画ではこの一度しか登場しない。



『小学四年生』1982年8月号掲載「『ワ』の字で空をいく」

コエカタマリンの高井山
⇒たかいやま



『月刊コロコロコミック』1983年9月号~翌年2月号連載「のび太の魔界大冒険」

魔界大冒険の高井山
⇒たかいやま



『月刊コロコロコミック』1985年8月号~翌年1月号連載「のび太と鉄人兵団」

鉄人兵団の高井山
⇒たかいやま



『小学六年生』1985年11月号掲載「四次元くずかご」

四次元くずかごの高井山
⇒たかいやま



『小学三年生』1985年12月号掲載「ないしょ話作戦」

ないしょ話作戦の高井山
⇒「たかいさん」! これ以降はすべて「たかいさん」。



『月刊コロコロコミック』1988年10月号~翌年3月号連載「のび太の日本誕生」

日本誕生の高井山
⇒たかいさん。「山おく村の怪事件」で訪れた「高伊山(たかいさん)の山おく村」の再登場であるらしいが、字がちがう。とはいえども「たかいさん」という読みは共通している。




『小学六年生』1990年7月号掲載「ドラえもんがいなくてもだいじょうぶ!?」

9007試供品
⇒たかいさん



まとめると、1982年8月から1985年11月までは「たかいやま」、1985年12月以降はすべて「たかいさん」、それより前は「たかいさん」、「たかいやま」、「たかいざん」が混在していたようです。



ちなみにわさドラでは、ハイキングなどでしばしば高井山(たかいさん)を訪れていますが、「グレードアップ液」のエピソードでは貸し切りの観光バスで訪問して距離感をアピール。

それほどまでに高井山までが遠いことを幾度となく表現しているのですが、「しずかとおじいの木」では、うら山に生えている老木を「植物歩かせえき」で高井山(たかいやま)まで連れていこうと深夜に徒歩で向かっている描写があるのです……。

おじいの木を植樹しようとした山が、漫画で登場した高井山(たかいやま)であったとしても、「四次元くずかご」での出木杉としずかの説明によれば、放課後に紅葉狩りに出かけようとすると日が暮れるほど遠いといいます。

高伊山と高井山と高井山と高井山がおんなじ山をさしているのか、はたまたそれぞれ別の山なのか、読み方とともにきちんと設定していただきたいものであります。

今後のアニメでの動向にも注目していきましょう。



2018/01/02 17:47:00 …… たかいやまとたかいさんがごっちゃになっていたので一部たかいさん⇒たかいやまへ修正