象印出版社の『ドラえもんとQ太郎』第1巻に収録された中文版「オバQ誕生」をもとに原文を再現してみたので紹介します。

『オバケのQ太郎』テレビアニメ第3作放送直前に発表された、第1話「Qちゃん誕生」のコミカライズです。

dq0_03-04bi

dq0_05-06bi

dq0_07-08bi

dq0_09-10bi

dq0_11-12bi

dq0_13-14bi

dq0_15-16bi

dq0_17-18bi

(『小叮噹與小精靈』象印出版社。出版時期不詳)

中文版「小精靈誕生」(zip圧縮ファイル、6.72MB)、および日本語初出再現版「オバQ誕生」(zip圧縮ファイル、6.56MB)を公開します。リンクをクリックしてダウンロードしてください。

事情により、本ページに直接貼った画像は中国語と日本語を重ねたものにしています。

そもそも本作は「オバQ誕生の巻」という題で『月刊コロコロコミック』1985年4月号に掲載された作品。当時の藤本先生のチーフアシスタントであった田中道明先生が、テレビアニメ第1話「Qちゃん誕生」のシナリオをもとにかいたマンガとのことです。私は本作が日本においていつどこで発表された作品なのかわからなかったのですが、先日識者より指摘を受けようやく詳細を知ることができました。

象印出版社の『小叮噹與小精靈』では片起こしでの掲載なのですが、初出では見開き起こしでの掲載だったので、初出版の再現にあたりページを貼り換えました。

次回は青文オリジナル大長編「のび太の超次元戦記」の和訳を再開する予定です。お楽しみに!